キャッシング借り換えの達人に聞け!キャッシング借り換えのポイント

キャッシング借り換えのポイントは借り換え額によりどのキャッシングに借り換えるかが決まると行っても過言ではありません。低金利なカードローンに借り換えるのがベストですが、借り換え金額が大きくなると審査の厳しさの問題が出てきます。

借り換え金額と審査の厳しさの関係

 

どの金額から審査が厳しくなってしまうのかは年収にもよりますが、総量規制の金額(年収の1/3)が目安になると思います。そこまでの金額を借り換えるのであれば低金利な借り換え用の銀行カードローンを利用するのがベストです。小額借りれを借り換えるのであれば小額でも借り換えメリットのある小額でも低金利なカードローンを選ばないとメリットがありません。

>>小額のキャッシング借り換えならこの借り換え用銀行カードローン

 

逆に借り換え金額が大きくなったり複数になってくると低金利な銀行カードローンでは図のように貸し倒れリスク回避のために審査が厳しくなってしまいます。ですので審査をしっかりしてくれる大手消費者金融が有効になってきます。

あれ?消費者金融は借り換え金額が大きくなってしまうと総量規制の範囲を超えてしまって借りられないんじゃないの?

 

という疑問が湧いてくるでしょうがそれは大丈夫です。総量規制には例外がありそれに当てはまる場合は総量規制の範囲を超えても貸し出し可能になるのです。

 

 

顧客に一方的有利となる借換え


これにより審査に有利な消費者金融で借り換え可能になり、借り換え金額が大きくなることにより金利もグッと下がりメリットの多い借り換えができます。

 

>>大き金額のキャッシング借り換えなら審査に有利な消費者金融のカードローン

小額のキャッシング借り換えならこの借り換え用銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

オリックス銀行

金利 年利 3.0〜17.8%
限度額 最高 800万円

金利 年利 0.99%〜7.99%
限度額 最高 1,200万円

大き金額のキャッシング借り換えなら審査に有利な消費者金融のカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

キャッシングの借り換えの利点や注意点を押さえる

キャッシングで借り換える事によるメリットやデメリットがあります。それを理解した上で借り換えキャッシングを利用し、出来るだけメリットを引きだすような使い方をするのが望ましいです。キャッシングを利用していて、複数業者へのキャッシングやローンを利用している状態になると、返済先が何社にもなり、それぞれの業者に利息を含めて返済していく事になります。複数社への返済は労力もかかる上に利息負担も大きくなりがちです。

 

複数社への借金を持つ状態を多重債務と言いますが、この多重債務者になった時に借り換えを利用するというのは大きなメリットを産みます。

 

単純に複数社への借金が一社に借り換えで纏める事が出来るので、返済先が一つに絞り込めて、利息負担も小さくなるので、返済に集中する意味でも良い方法です、利息負担が小さくなるというのは利息制限法に基づく事で、例えば3社に50万づつ借金を行って各社に返済するよりも、一つに纏めて150万円にしてしまった方が利息負担が小さくなります。

 

50万の借金に対してなら延滞で無い場合は18.0%まで利息を取れますが100万円以上の借金に対しては15.0%以上の利息を取る事が出来ないからです。この制限を活かして借り換えを行うと返済の負担が軽減するという事になります。

 

デメリットももちろんあります、借り換えで纏めるおまとめローンは通常の審査よりも借金総額が大きくなりがちなので厳しくなるという事もありますが、最も注意するべき事は、借り換えでおまとめローンを利用すると、その後完済するまで新たに借金が出来なくなる可能性があり、また借金を返す為に借金をするという事が出来なくなります。借り換えでまとめた以上は完済までキッチリ行う覚悟が必要ですし、借り換えをさらに借り換えしようと思っても、どこもお金を貸してくれません。

 

なので返済専用のシステムと覚悟を決めて、必ず返済するという事が必要になります。返済負担が小さくなるメリットと、返済出来なくなった時のリスクを考えて、返済計画を立てた上で申し込む事が望ましいです。土日の審査は可能ですが、在籍確認もありますしキャッシングの借り換えはなるべく平日に行うのがいいでしょう。

土日祝日に会社休みですがキャッシング申込み・融資可能ですか?

いきなりの質問で恐縮ですが緊急なので教えていただけると本当に助かります。引越しの契約のため現金が必要になりました。銀行の普通口座に入っている金額では足りなくて定期預金を解約しようとずっと思っていたのですが、平日は仕事が忙しく銀行に出向く時間がまったく取れませんでした。

 

そしてずるずると日にちが経ち気がつけば金曜の夕方になっていました。じつは明日、土曜日の午後に不動産屋に行く約束をしているのです。その時点で敷金、保証金、礼金合わせて50万ほどかかります。なんとか平日に定期の解約に行ければよかったのですが今となっては後の祭りで万事休すです。

 

こうなったら即日融資で消費者金融会社にお願いしようと思って、同僚に聞いてみたところ「『在籍証明』というのが必要で会社の人事に電話がかかってくるはずだから、土日に即日融資はムリだよ」と言われました。彼はよくキャッシングをしているようなので詳しいみたいです。その彼が言うのだからまちがいないと思います。

 

そして今途方に暮れています。もし今夜か明日土曜の午前中までにお金が用意できなければせっかく探した新居に引越しができなくなってしまいそうです。じつは結婚が決まっていて彼女と暮らすマンションの契約なのです。しかも現在のアパートはすでに引っ越すことを先方に伝えていて新しい借り手も決まっているようです。

 

彼女も自分の部屋を引き払う段取りをすでにしています。なにがなんでも明日土曜の昼までに50万作らなければいけません。彼女や親に相談することも考えましたがギリギリまでお金の手配をしてなくてあきれられて信用を失いそうで怖くてできません。お力を貸していただけると本当に助かります。

 

「在籍証明」は即日融資・キャッシングにゼッタイ必要ですか?こちらが勤めている会社に消費者金融会社が電話をかけられなければ土日祝日の即日融資は不可能ということですか?なんとかする方法はないでしょうか?そこのところを教えていただきたく質問させていただいています。

 

ただ今、切実に困っています。彼女との新婚生活を夢見ていたのに早くも暗礁に乗り上げそうです怖いです。ひとえに自分の準備のまずさだと分かっているのですが、なにとぞ迅速なアドバイスをよろしくお願いいたします。

基本在籍証明と言うのは会社に電話をして実際に申込者が申込内容通りの会社に在籍しているのか確認する作業のことを言います。金融業者としては申込者に対して無担保の信用で貸す訳ですからその信用の源である給与が支給されている状態にあるかどうかの確認は一番重要な部分ですので必須とされています。ですから友人の言うことはあながち間違いではないのですが、実は正解とも言えないのです。

 

どういうことかというと書類で在籍確認の電話の替わりに在籍証明としてくれる金融業者があるのです。会社の休みの日だけ可能とかいつでも書類で可能とか色々ありますので実際の調査内容はこちらで確認してください。

更新履歴