おまとめローンとして借りる

この数年、銀行やインターネット上で「おまとめローン」という言葉を目にすることが多くなってきましたよね。おまとめローンは、その名の通り複数の金融会社からの借入を一本化して、月々の返済金を減額することを目的としたローンです。

 

借入先が複数ある場合、金利も会社によって異なりますし、返済金の金額や返済日の管理も煩雑になりがちです。また、複数の金融会社から借入を行っていると自転車操業に陥りがちですが、おまとめローンで一本化しておけば、その危険性もグッと減ります。

 

おまとめローンのサービスを行っているのは、銀行をはじめ、消費者金融会社や信販会社など多岐に渡ります。しかし、各会社がおまとめローンとして提供している融資には、実際には明確な違いがあります。

 

例えば、消費者金融や信販会社が行っているおまとめローンは「フリーローン」であるケースが大半ですが、銀行が提供しているおまとめローンは「借入先一本化を目的としたローン(原則、使用目的限定)」となっています。

 

 

借入先を一本化出来るならどちらでもいいのでは?


と考えられがちですが、実はこの2つの違い結構大きなものなのです。

フリーローン

ここで、おまとめローンの理解を深めるために「フリーローン」について簡単にご説明しましょう。フリーローンは、その名の通り「使い道が限定されない自由なローン」です。借入を一本化するとなると、かなりまとまった金額の融資が行われることになります。

 

しかしながら、そのまとまったお金をどのように扱うかは、融資を受けた本人に任せられるということです。つまり、借入先一本化のために借りたお金を他の使用目的に流用出来てしまうんですね。実は、このことが意外に厄介な問題をはらんでいます。

 

使い道が自由なお金を手にした時、それを全額借金返済に充てることが出来るのは、実際には一握り、借入返済についての意志が大変強い方だけです。そのため、借入を一本化するためにフリーローンで融資を受けたのに、返済以外に使用してしまい、結果として借入金が膨れ上がった、といったケースも少なくないのです。

銀行などのおまとめローン

それに対し、銀行で行っているおまとめローンは、使用目的が「借入の一本化」と明確にされているため、新たな借り入れを流用する事が難しくなっています。更に、消費者金融や信販会社のフリーローンよりも金利が抑えられている場合が多いため、月々の返済金を減らせるだけでなく、返済総額をグッと減額させることが出来るケースが多いというメリットがあります。

 

これらの実情を踏まえて検討すると、おまとめローンの借り方としては、銀行で金利や月々の返済額について細かに相談を行った上で申し込むのがベストだと言えるでしょう。