キャッシング 借り換え

改正貸金業法とは?

 

貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者からの借り入れについて定めている法律です。昨今、多重債務やそれに伴う自己破産の増加が問題となり、その原因の1つとして、あり得ないほどの高金利や、いわゆる「グレーゾーン金利」というものが挙げられていました。

 

そのようなあいまいなルールを廃止し、誰もが安心してお金を借りられるように、

 

 

適正化を目的として新たに定められたのが「改正貸金業法」で平成22年6月に完全施行となりました。


「改正貸金業法」で盛り込まれたルールの1つとして総量規制というものがあります。

改正貸金業法の総量規制とは?

これは個人の借入総額を制限したルールで、借入れ原則年収の3分の1までとなり、これを超えると新たな借入れができなくなりました。貸金業法でいう貸金業者とは簡単にいうと消費者金融や現金のキャッシングができるクレジットカード会社を指します。

 

 

総量規制は全ての金融機関で規制対象となったのかぁ・・・


ですので、銀行や農林中金、信用金庫は例外となり、そこからの借入れに関しては総量規制の対象外となります。

 

 

貸金業法は消費者金融などの貸金業者やそこからの借入に関して定めた法律なので銀行等は含まれていないです。


総量規制による消費者金融の対応

また消費者金融から一定額以上の借入れをする場合には「年収を証明する書類」の提出が必要となりました。一定額とは1社の借入残高が50万円を超える場合、または複数の業者からの借入残高の合計が100万円を超える場合です。

 

 

逆に利用者にとっても安心して利用できるんじゃないのかなぁ・・・


「年収を証明する書類」としては、源泉徴収票や確定申告書などがあります。貸金業法改正の背景には悪質なヤミ金業者による高金利かつ過剰な貸付け対策がありますが借り手側による計画性のなさや勉強不足が原因であることも多いにあげられます。

 

年収の3分の1以上の融資が必要な方にはデメリットに感じるかもしれませんが

 

 

総量規制後は消費者金融も安心して利用できる貸金業者に生まれ変わったといっても過言ではありません。


自分の収入とライフスタイルに合わせて、計画的に借入れすることが必要です。

page top