キャッシング 借り換え

出資法で定められた上限金利の引下げ

 

基本的に借金は返済する際に利子を付けて返還します。出資法は、この利子が不当な金利にならないように貸金業者へ上限金利と定めたものです。また、この法律により借りる側が弱者となり、高い金利で借金の元金が全く減らないといった

 

 

借金地獄を防ぐことを目的としています。


という意味でも弱者救済とも言える法律でなければいけないはずが、過去に日本国内では高い金利での貸付が横行し、借金苦に自殺する人が急増しました。その時代の貸金業者はまさに今の闇金と変わりなく、厳しい取り立てが行われていました。

 

 

実際には現在の上限金利になるまでは弱者救済とも言えなかったのでは・・・


当時は自殺だけでなく、一家夜逃げや自己破産などもありましたが親類縁者までにも影響があるような状態でした。

上限金利の引下げによる貸金業者に与えた影響

しかし、2010年以前迄はこの上限金利が29.2%だった為にこの間に出資法の上限金利と利息制限法の上限金利に差が生じていました。これがいわゆるグレーゾーン金利です。2010年に現在の20%迄に引き下げられました。

 

 

過払い分は請求できるのかなぁ?


2010年に現在の出資法の上限金利である20%迄に引き下げられ、15%〜20%に定められていた利息制限法の上限金利との差がなくなりました。グレーゾーン金利で生じた利息の返還が今話題の過払い金請求です。

 

出資法については利息制限の他に貸金業者へ対する罰則も定められており、懲役刑または罰金刑です。これは違法な貸金業者の取り立てにより、自己破産や自殺者が急増したため、違反者に罰則を与えるために定めたものです。

 

 

刑罰対象になる為、殆どの消費者金融ではこの上限金利を守っています。


闇金などで悩んでいる方は弁護士に相談する事で闇金にも対処可能です。法律で罰則が定められていることを覚えておいてください。

page top