キャッシング 借り換え

銀行カードローンと配偶者貸付の選択理由

 

過剰貸し付けの抑制のため、貸金業法による総量規制で年収の3分の1を超える融資はできないことが決められています。そのため、大抵の消費者金融は収入のない専業主婦への融資をしていません。

 

 

配偶者貸付なら専業主婦本人でも消費者金融での借入は可能なのかなぁ・・・


しかし、例外として配偶者貸付という専業主婦のための救済策があります。これなら夫婦の年収を合算した金額の3分の1以下までの借入が可能になります。ただし配偶者の同意書、住民票または戸籍抄本、配偶者の収入証明書(借りる金額による)が必要ですので、

 

 

配偶者に内緒で借りることはまずできません!


配偶者貸付を取扱っている貸金業者は少数な上、専業主婦本人に収入があることを条件としている消費者金融が殆どの為、実用的でないのが現状です。

銀行カードローンのメリット

銀行の場合は総量規制の対象外ですので、収入のない専業主婦への融資もできます。配偶者に安定した収入があれば申し込むことができます。しかも配偶者の同意書や収入証明書が不要のカードローンもあります。

 

但し、利用限度額が少額に抑えられていたり、増額もできない場合があります。一般的に銀行のほうが消費者金融より利息が低いので、借りる側から見れば銀行カードローンの方がお得になります。但し、銀行は金利が低い分審査が厳しいと言われています。

 

 

銀行カードローンなら夫に内緒で借りれるのかなぁ・・・


申し込みから借入や返済まですべてネットで行える銀行カードローンを選べば、配偶者に知られることなく借入できます。ここで問題になるのが配偶者の勤務先への在籍確認の電話がかかるのではないかということです。

 

 

銀行カードローンの場合は配偶者に内緒で借入れる事も可能です!


申込者本人(主婦)の携帯への確認電話はかかってきますが、配偶者の勤務先への電話はかかりません。

page top